灸 (きゅう) あたりに注意しほどほどに

暑い日、涼しい日が交互にやってきております。お体変わりなくお過ごしでしょうか。

 

先日、体の調子がよくないと、40代の女性が当、今治はり灸院にやってこられました。よく話をお聞きしますと、ご家族で温灸をされているとのことでした。ツボの位置は、疲れをとる足三里のツボ、女性のツボといわれる三陰交などは、ほぼ、正しくとらえておりました。

ただ、熱いのを我慢すれば、より効果があると勘違いをして、結果として『灸当たり』をおこして、ぐったりれておりました。我慢をしないで、控えめにお灸をする。

万が一『灸当たり』になった場合は、数日施灸を休むなどで回復します、とお伝えしました。過ぎたるは、及ばざるがごとしですね。

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 5 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL