風の季節

令和2年になり、さすがに寒い毎日が続いていますね。

先日電車に乗って津田沼まで、出かけてきました。風邪・インフルエンザが小学生・幼稚園でも流行ってきているとのことです。

ところで、インフルエンザなどが流行っても病気になる日ととなりにくい人がいるのはなぜでしょうか。

自己免疫力の強い人とそうでない人との差ではないでしょうか、。

私は、自己免疫力を高め長生きをしたいので、少なくとも週に回は、な回帰のツボといわれている「足三里」にお灸をしています。

このツボは、医師の「原志太郎博士」がネズミの研究で自己免疫力の向上があることを発見し、医学博士を取ったたことでも知られています。ご自身でも毎日お灸をし、100歳以上長生きし当時のギネスブックに掲載されています。

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 2 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL