桐生祥秀選手 9秒98おめでとう

やっと10秒台の壁を乗り越えましたね。

桐生選手が、9日福井県営陸上競技場で行われた日本学生対校選手権100m決勝で9秒98の日本新記録を樹立しました。

出ないか出ないかと期待しておりましたがやっと出ましたね。

世界では、1968年にジム・ハインズ(米)が9.95を出して、49年遅れとのことです。世界記録は、引退したウサインボルト(ジャマイカ)が9.58を持っております。

日本には、山県・サニーブラウン・多田・ケンブリッジ飛鳥・飯塚など10秒台を記録している有力選手が大勢います。歩幅・体重移動・加速のかけ方など走る技術を共有されて続々と9秒台を多くの選手に出してほしいと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 + 6 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL