子どもの日

5月5日は子どもの日です。端午の節句ともいいます。

鯉のぼりをなびかせているところもなかなか見かけないですね。敷地が広くてしっかりとした支えを置くだけの家が少なくなったからでしょうか。

では、なぜ鯉のぼりを流すのでしょうか。鯉は流れの激しい滝をのぼり龍になったという中国の故事が平安時代に伝わり、男の子の立身出世、健康に育つことを願う風習として日本に根付いたということのようです。

四街道においても、千代田団地の中ではまと4めてみることが出来ます。

わが屋では、外孫ですが6年生の子が元気に育っております。

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × two =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL