東洋はり医学会 脉(みゃく)状班の合宿研修 in 名古屋

東洋はり医学会 脉状班の合宿研修が11月4日(日)、5日(月)開催されました。

今年の合宿は、名古屋での開催となりました。11月4日(日)の3時半に起床し、朝食を頂き、着替えて、持ち物などの準備をして5時過ぎに自宅を自転車で出て、名古屋到着は8時40分でした。そして、会場には、開始時間の30分前の9時到着でした。

会場は、名古屋市、中川区社会福祉会館をの研修室をお借りしました。参加者は、チーフのS先生はじめ、大阪からFさん、司会は地元東海支部の美人のI先生でした。

I先生から今回の合宿の主旨説明、基本を大切にすること。ツボの見方などの説明がありました。その後、H先生から気の調整に役立つ体のつくり方、姿勢、体の重心の置き方など体を動かしながら確認をしました。

その後、補の手のよる気を止めない触診、証決定など行いました。4日の夜は参加者20名程度が名古屋駅前の「世界の山ちゃん」で懇親会を行い大いに盛り上がりました。

2日目の11月5日(月)は、基本刺鍼、小里方式で9時から4時40分まで研修をおこないました。準備を頂いた幹事の皆様方にお礼を申し上げます。ありがとうございました。

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 − 6 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL