東洋はり医学会 本部6月本部例会

昨日、6月4日(日)、一橋にある日本教育会館で東洋はり医学会6月本部例会に出席してきました。

 

午前中は、「冷えと熱」について、経絡治療実践講座として、4例の症例に基づき説明がありました。続いて午後は「不眠症」「不妊症」の症例家灸発表があり、その後、各班に分かれ、実技がありました。

 

当班には、不思議な方が参加しました。正しい場所に取穴(しゅけつ、ツボをとること)すると、咳か出なく、間違っていると咳が出る方が参加しました。本人はなぜだかわからないが、とになくそうなる、といっておりました。「計測器をもっているようだね」という方もいました。

腹診の診方、脈から体のどの位置にバランスの崩れている場所があるかなど実りの多い研修でした。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − thirteen =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL